肌の状態は、①皮脂の分泌量や②肌の水分保持能力により、普通肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌(複雑性)分類されます。②の肌の水分保持能力は変動するので測定が難しいのでネオではTゾーンとUゾーンの皮脂量を比較することで測定します。

特に最近問題になっているのが、マスクの摩擦の影響で脂性肌や混合肌(複雑性)に悩む人が増えています。ネオを測定する前は、乾燥肌と思っていても、測定の結果、脂性肌や混合肌(複雑性)と判定される方が多くみられます。

脂性肌と乾燥肌の簡単な見分け方

ポイント①~すぐ肌がテカったたり、べたついたら脂性肌

ポイント②~肌がゴワゴワ、皮むけ、手のひらが乾燥していると、乾燥肌

脂性肌と混合肌の対策

①低刺激の石けんで、1日2回洗顔しましょう。

②脂っこい食事を避ける。

③ストレスや睡眠不足を避ける。

ネオによる肌診断+イオン導入、5,500円(税込)

所要時間;1時間。

https://www.shinohara-hifuka.com/column/902/