皮膚科、アレルギー科、美容、美容皮膚科、小児皮膚科、高齢者皮膚科

スキンケア・ウェブ診断

診断結果:老人性色素斑

にきび

老人性色素斑(日光黒子)は、中年以後にみられるシミの一種

断面図

老人性色素斑は、今まで浴びてきた紫外線が原因で現れてくるシミのことをいいます。老人性色素斑の色は薄茶色が多く、その形状は、輪郭がハッキリとした円形のものや、丸には近いものの、形が定まらずにいびつなものが多いことも特徴。いわゆる一般的にシミと呼ばれるタイプのイメージのものを指します。老人性色素斑は、紫外線を浴びるとできるタイプのシミですが、紫外線を浴びてからすぐにシミが発症するわけではありません。肌色が白い方や、仕事やレジャーなどで屋外で過ごす機会が多い方などは、20代からでもシミはできるものです。一般的には、日本人を含むアジア人は40代くらいから出てくることが多いようです。老人性色素斑は、発症する年齢や大きさ、数にも個人差があり、過去にどれだけ日焼けをしたか、日焼け後のケアを怠ったかなど、ダメージの蓄積の度合いによって変わってくるので、普段からの紫外線対策が重要です。

治療法

TREATMENT

老人性色素斑はほかの種類のシミに比べると
光・レーザー治療の効果が高いといわれています。

  • QスイッチYAGレーザー治療
    QスイッチYAGレーザー治療

    外用薬などがありますが、美容皮ふ科などに相談にいくと老人性色素斑に効果が高いレーザーで治療をしてくれます。「できるだけ早く治したい」という方は、美容皮ふ科でレーザー治療をしてもらうことをおすすめします。しみ・あざなどは、皮膚の中にあるメラニンが異常に増殖し、それが皮膚表面から見ると茶色や黒色に見える状態です。レーザー治療は、しみ・あざの原因となるメラニンだけを選択的に壊し、周囲の肌を傷つけません。当院で使用するQスイッチYAGレーザーは、30歳代以降に現れるお顔の境界のくっきりしたしみ(老人性色素斑)・ソバカス・アザなどを治療することができます。治療時間は2~3分程度です。

    効果には個人差がありますので、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

    お肌へのダメージがなく安全

    レーザー光は疾患部分にだけ吸収されますので、健康な皮膚にダメージを与えることはありません。

    スピーディな治療

    シミ1個につき、1回(2〜3分)の治療時間です。

  • フォトRF(オーロラ)
    フォトRF(オーロラ)

    素肌の輝き、生まれ変わる快感のレーザー【フォトRF(オーロラ)】、広域な波長を持つ特殊な光(IPL)と高周波(RF)を組み合わせた最新の美肌治療です。肌深部へとエネルギーを到達させることでより強力にコラーゲンの生成を促進。シミや小じわ、たるみの改善に高い効果を発揮します。お肌全体の若返り特にハリを望む方にお勧めです。いままでにない「光+高周波」で美肌を再生します。

    痛み、ダウンタイムが少ない治療

    「フォトRF」が今までの治療法にあった不安を解消、ヤケドの危険性を軽減し、ダウンタイムもなく、施術後すぐにお化粧ができる安全で手軽な治療法です。

    1回の治療は20〜30分。ハリのあるぷるぷる肌に

    施術後から肌のハリが実感でき、回数を重ねるごとに、透明感のあるぷるぷる肌に近づきます。

    美肌効果がさらに進化

    従来の光に高周波を加えた独自の「フォトRF」。
    肌の奥深くまでエネルギーを浸透させ、シミ、 ソバカス、赤ら顔、毛穴をクリアにします。

  • フォトRFはAPL+RFのダブルアクション
    フォトRF(オーロラ)

    [STEP1] 施術前

    年齢と共に新陳代謝が衰え、シミ・ソバカスが増えて、透明感やハリのない肌になっていきます。

    [STEP2] フォトRF治療中

    APL(光)にRF(高周波)を加えて肌の奥深くまでエネルギーを浸透。 その他、医師の指示があればそれに従ってください。

    [STEP3] 施術後

    光と高周波のダブルアクションによって シミ・ソバカス赤ら顔が改善され、ハリのあるプルプル肌へ。
    フォトRFはAPL+RFのダブルアクション。

  • ケミカルピーリング
    ケミカルピーリング

    最近、肌がくすんできた…シミ、小じわが気になる…ニキビ痕を治したい!そんな方にオススメのケミカルピーリング。紫外線やホコリなどの汚れ、老化などにより蓄積された古い角質層を酸で取り除き、ハリと弾力性のあるキメ細やかな素肌へと導きます。当院では、AHA(フルーツ酸)の中で、より効果的でお肌への刺激の少ないグリコール酸を用いて治療を行います。

  • 老人性色素斑のセルフチェック
    ビタミンA誘導体外用剤

    次のセルフチェックであてはまる方は、老人性色素斑ができる可能性が高いかもしれません。是非チェックをしてみてください。

    • ◎シミの輪郭がはっきりしていて丸っぽくいびつな形
    • ◎紫外線対策は夏しかしない
    • ◎大きさは5mm~1cm程度のもの
    • ◎若い時はよく肌を焼いていた
    • ◎マリンスポーツやレジャーなど屋外のスポーツが好き
    • ◎タバコを今も吸う
    • ◎イライラしやすくストレスがたまりやすい
    • ◎フルーツ(とくにビタミン)が嫌いなほう
    • ◎40歳を過ぎてシミが気になりはじめた

よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTION

初期のうっすらとしたシミに効果的な化粧品の成分は?
ハイドロキノン、エルボHQがおすすめです。
老人性色素班の予防はありますか?
老人性色素斑の予防方法は、何といっても紫外線対策!夏だけでなく冬でも、室内にいても紫外線対策を欠かさないことが大切です。紫外線対策のほかにも、お肌のターンオーバーを正常に保つために生活習慣を見直したり、ストレスを溜めすぎないことも大事なポイントです。

スキンケアメソッド

SKINCARE METHOD

こちらのアイテムで予防・改善をおすすめします。

篠原皮ふ科クリニックは子供から大人まで各世代のお肌の健康、美容のお手伝いを致します。
長崎県大村インターから車で約5分。お気軽にお越し下さい。
診察順番表示システムを導入しましたので、どこからでも待ち時間の目安がご確認いただけます。

篠原メデイカルスキンケアセンター