皮膚科、アレルギー科、美容、美容皮膚科、小児皮膚科、高齢者皮膚科

スキンケア・ウェブ診断

診断結果:手湿疹

手湿疹

手湿疹とは、手に接触する物質の刺激などによって
生じる指や手のひらの皮膚炎です。

手に接触する物質の刺激やアレルギーによって生じる指や手のひらの皮膚炎

手湿疹とは、手に接触する刺激(洗剤やシャンプー)などによって生じる指や手のひらの炎症で、女性に多く、主婦に生じた場合には「主婦湿疹」ともいいます。これらの刺激は化学物質や摩擦といったもので、刺激は皮ふの油や水分を奪い手の乾燥をうながすため、皮膚をボロボロな状態にします。手湿疹は、はっきりと原因が特定されていないため、治療が困難になっているのが現実ですが、なりやすい環境や状況というものがあります。
(1)日用品による影響として食器洗いや洗濯など洗剤を多く使う主婦に多いでしょう。日ごろからゴム手袋使用するなど細かいケアが大事です。
(2)他には、手湿疹になりやすい環境として水を扱う環境の人、例えば美容師、理容師・調理師など、常に水や洗剤を使う仕事をしている方。
(3)元々皮膚が弱い“アトピー体質”や“乾燥肌”の方などは、皮膚のバリア機能が弱いことから、外からの刺激を受けやすいでしょう。

治療法

TREATMENT

皮膚の炎症に対してはステロイド外用薬を用い、
ひびや、かき傷には、亜鉛華単軟膏を布に伸ばして
貼るなどの治療を行います

  • 手湿疹と似た病気

    異汗性湿疹

    季節の変わり目に、手や指に小さな水泡ができる。汗を出す汗腺が詰まってできるといわれており、金属アレルギーや自律神経の異常が原因と考えられている。

    アレルギー性接触皮膚炎

    金属やゴム、紙や布などアレルギーのある物質に触れたことでアレルギー反応を起こし、かゆみを伴う湿疹ができます。原因は、パッチテストで確認します。

    その他、掌蹠膿疱症、手白癬などもあります。

  • ステロイド外用剤

    皮膚の炎症を抑えるステロイドが入ったお薬です。炎症を抑える強さにより、5段階の種類があり、クリーム、軟膏、ローションなど様々な剤型のものがあります。

  • 保湿剤
    アンフラベート軟膏

    一日に何度も塗って保湿をすることで保護の膜を作り、患部を乾燥させないことが大事です。夜は保湿剤を塗った後に木綿の手袋をして寝ると効果が高まります。ワセリンや、ヘパリン類似物質を含んだもの、尿素を含んだものを使います。

  • 内服薬
    アレルギー性接触皮膚炎には内服薬の投与

    かゆみのもとになるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬を内服します。炎症が強い場合は、一時的にステロイド剤の内服を行うこともあります。体質改善の漢方薬もいろいろあります。

  • 改善・予防策
    改善・予防策

    シャンプー(合成界面活性剤が肌荒れの原因かも)を変えてみる。食器を洗う時は必ずゴム手袋を着用する。こまめにハンドクリーム(尿素含有など)やワセリンなどの保湿外用剤を塗って、失われた油分と水分を補います。よくならない場合や、かゆみが強い場合には皮膚科を受診し、医師に相談ください。皮膚の炎症に対してはステロイド外用薬を用い、ひびや、かき傷には、亜鉛華単軟膏を布に伸ばして貼るなどの治療を行います。

よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTION

妊娠・授乳中でも大丈夫ですか?
通常の炎症を抑えるお薬や、保湿剤は大丈夫でしょう。かゆみ止めの飲み薬などは、主治医の先生に相談してください。
日常生活で気を付けることはありますか?
上記、改善・予防策を参照してください。
薬を付けても治りが悪いのはどうしてですか?
一番の原因は、手を使いすぎていることだと思います。できるだけ手を使わずに、ゴム手袋の着用、手や環境に優しい洗剤の使用、お肌に合ったハンドクリームを使用してセルフケアを行いましょう。

篠原皮ふ科クリニックは子供から大人まで各世代のお肌の健康、美容のお手伝いを致します。
長崎県大村インターから車で約5分。お気軽にお越し下さい。
診察順番表示システムを導入しましたので、どこからでも待ち時間の目安がご確認いただけます。

篠原メデイカルスキンケアセンター