皮膚科、アレルギー科、美容、美容皮膚科、小児皮膚科、高齢者皮膚科

スキンケア・ウェブ診断

診断結果:尖圭(せんけい)コンジローマ

尖圭(せんけい)コンジローマ

尖圭コンジローマは、イボウイルスによる感染症です。

ウイルスによる感染症です。

尖圭コンジローマは、ヒト乳頭腫ウイルス(イボウイルス)による性感染症のひとつで、比較的若い世代に発症します。感染源は性交やその類似行為よるもので、外陰部や肛門のまわりにできるイボから感染することが多いといわれています。痛みや痒みを伴わないため、自覚症状はありませんが、イボとなった形を見つけて発覚します。形や色は様々で、中にはカリフラワーのような形のものもあり、大きくて数㎝くらいのイボができます。潜伏期間を持っており1~2ヶ月後に陰部周辺にイボができるのです。進行すると増殖したり、また、悪化してしまった場合には悪臭をも放ちます。自然に治ることは少なく、皮膚科専門医のもとでの治療が必要となります。また自覚症状がない為に、発覚が遅れたり、放置してしまい、イボが増殖してしまったり、人への感染してしまう恐れがあるので早めに治療を行いましょう。

治療法

TREATMENT

液体窒素凍結療、外用薬による治療、電気焼灼などの
治療法があります。

  • 液体窒素
    液体窒素

    液体窒素を綿棒にしみこませて軽くイボに押しあてます。それを1~2週間に1回の間隔で数回治療を繰り返します。初期で小さいものや数の少ないものには効果的ですが、進行すると液体窒素では改善するのが難しくなります。

  • イミキモドによる外用治療

    最近、尖圭コンジローマに対しては、イミキモドと言うお薬が使えるようになり、その効果が期待されています。ぬり薬として使用しますが、局所の免疫を調節することにより抗ウイルス効果や抗腫瘍効果を発揮すると考えられています。液体窒素療法と同様に、初期で小さいものや数の少ないものにはより効果的です。進行例には効果が少ないと考えれます。

  • 電気焼灼法
    電気焼灼法

    電気焼灼器を用いて高熱でいぼを焼きつぶします。一度の治療で済みますが、麻酔の注射が必要で、焼いた後がただれ二週間ほど痛みが続き再発もみられます。進行したものでは、電気焼灼が行われることが多く、場合によっては入院治療が必要なこともあります。

よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTION

尖圭コンジローマはどのくらいの年代に多く発症しますか?
性交またはその類似行為によって感染する場合が多いと思われます。発症する年代も、比較的若いと考えられます。まtれに、成人の手指を介して、小児に発症する場合もあります。外陰部や肛門周囲に発症する場合が多く、発見が遅れやすいので、気になる症状があったら皮膚科専門医を受診してください。

スキンケアメソッド

SKINCARE METHOD

こちらのアイテムで予防・改善をおすすめします。

篠原皮ふ科クリニックは子供から大人まで各世代のお肌の健康、美容のお手伝いを致します。
長崎県大村インターから車で約5分。お気軽にお越し下さい。
診察順番表示システムを導入しましたので、どこからでも待ち時間の目安がご確認いただけます。

篠原メデイカルスキンケアセンター