皮膚科、アレルギー科、美容、美容皮膚科、小児皮膚科、高齢者皮膚科

スキンケア・ウェブ診断

診断結果:肝斑

にきび

肝斑は、両頬骨の部分に沿って輪郭が
ややぼやけた感じのしみができるのが特徴です。

断面図

肝斑の特徴として、左右大体同じ形でできるシミというのが、他のシミと見分けるポイントの一つと言えます。ただし、必ずしも頬ばかりではなく、口の周囲やおでこにも出来ることがありますが、なぜか目の周りだけサングラスなどをかけて日焼けしたときのように色が薄くなり、抜けたように見えることもあるのも特徴です。肝斑は妊娠や、婦人科の経口避妊薬(ピル)などにより誘発あるいは悪化することから、女性ホルモンに関連して発症するシミと言われ、30代~40代以上の女性に多く、やはり女性ホルモンが影響するのではないかと考えられており、対処しにくいシミとされてます。加えて、ほかのしみにも共通しますが、顔をこすったり、紫外線の影響でも肝斑が現れやすいことが知られています。摩擦や紫外線は色素細胞を活性化させる刺激になるため、顔をタオルでごしごしこすったり、強くマッサージしたりせずお肌に合った日焼け止めを使用してください。

治療法

TREATMENT

  • リカバリンカプセル
    ビタミンA誘導体外用剤

    肝斑の原因であるメラニンの産生を促進する、メラノサイト(色素細胞)活性化因子の情報伝達をブロックし、色素沈着を抑えます。女性ホルモンに働きかける成分ではありません。市販薬でも摂取できますが、病院ではより薬効成分の量の多いものが処方されています。

  • ビタミンC
    ケミカルピーリング

    ビタミンCは、メラノサイト(色素細胞)がメラニンを作りだす過程で、複数の段階にはたらきかけ、メラニンの産生量を抑えます。ひとつはL-システイン同様、メラニン産生の初期にチロシナーゼの活性を阻害。また、メラニンを生成する過程で発生するドーパを還元する作用もあります。さらに、すでに蓄積されてしまったメラニンに直接作用し、還元する働きも持っています。

外用薬による治療

  • レチノイン酸(トレチノイン)
    ケミカルピーリング

    ビタミンAの誘導体であり、非常に活性の高いビタミンAと考えてください。外用薬の成分として配合されますが、使用するには医師の診察が必要で、授乳中の方、妊婦さんは使用できません。美白外用成分であるハイドロキノンと組み合わせるとより効果的です。

  • ハイドロキノン
    ケミカルピーリング

    最強の美白剤といわれる美白成分です。メラニンを合成するチロシナーゼを弱らせ、メラノサイトの働きを抑えてメラニンの数を少なくします。今お肌にあるシミをさらに薄くしてさらに次にできるシミも予防します。a-アルブチン、ビタミンC誘導体、植物成分でも美白作用のあるものを配合することで美白効果をより高めます。また、加水分解ヒアルロン酸・加水分解コラーゲンと組み合わせることによって弾力をアップし明るい素肌へと導きます。

  • レーザートーニング
    レーザートーニング

    治療がむずかしかった肝斑に画期的効果をもたらす新レーザー「レーザートーニング」今までのレーザーでは治療できなかった肝斑に効果を発揮する新しい治療法です。肌の中に滞留しているメラニンに対しておだやかに働きかけるため、悪化させることなく肝斑を薄くしていきます。

    今までは、肝斑にシミ治療と同じレーザーを当てると、症状が悪化していましたが、レーザートーニングは、回数を重ねる度、徐々に効果があらわれます。治療時間も短く、すぐにメイクもできるので、日常生活に支障無く気軽に治療が受けられます。薬やスキンケアと併用することで、効果がより早く現れ、再発も少なくなります。

  • ZO(医療機関向けスキンケアプログラム)
    ZO(医療機関向けスキンケアプログラム)

    高品質・高濃度なレチノール、ビタミンC等を使用し、レーザーと同等の皮膚治療を実現します。

    「NEWオバジZO:ゼオ」は、肌を整えるケア、メンテナンス、毎日のスキンケア、未然にお肌のトラブルを防ぐサポートを、その時のお肌状態に合わせ、あらゆる角度から柔軟にプログラムをカスタマイズ。一人ひとりに合ったスキンケアで美しく健やかな肌へと導きます。

  • 肝斑(かんぱん) のセルフチェック
    ビタミンA誘導体外用剤

    以下の項目に当てはまる方は、肝斑ができる可能性が高いといえます。

    • ◎シミが頬あたりに左右対称モヤモヤっとある。
    • ◎30~40代になってからシミができ始めた。
    • ◎シミが一つの点や丸ではなく、広範囲にできている。
    • ◎目のまわりにはシミができていない。
    • ◎妊娠、出産を経験したことがあり、ピルを服用している。
    • ◎活性酸素(ストレス)が溜まりやすく、イライラしやすい。

よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTION

肝斑はレーザー治療でよくなりますか?
医師の治療のもとでのレーザートレーニング治療と内服薬の併用が効果的です。
他のタイプのシミには効果を発揮するレーザーが、肝斑のシミにはレーザーで濃くなってしまうとタブーとされてましたが、最近では非常に弱い出力で、平面的に広範囲にレーザー光を照射し、肝斑のようなデリケートなシミにも時間をかけて少しずつ薄くしていくことが出来る機器が開発され、使用されるようになりました。
レーザートレーニング治療は痛くありませんか?
ゴムではじく程度の軽い痛みを感じる場合があります。痛みに弱い方は、医師にご相談ください。※痛みには個人差があります。
治療後に赤みや腫れが出ますか?痛みはありますか?
軽い赤みが出ることがありますが、通常数時間でおさまります。赤みが続くようであれば、医師にご相談ください。痛みは個人差がありますが、ゴムではじく程度の軽い痛みを感じる場合があります。痛みに弱い方は、医師にご相談ください。
治療回数はどのくらい必要ですが?
1週間に1度のペースで4?5回行います。2〜3回目から効果を実感できます。※治療効果には個人差があります。
治療期間中に気をつけることはありますか?
日焼け止めや帽子などで、紫外線対策を心がけてください。また、こするなどの刺激を与えないようにし、保湿もしっかりするようにしてください。その他、医師の指示があればそれに従ってください。
閉経後に肝斑のシミは薄くなるんですか?
肝斑は女性ホルモンが関係しているため、閉経後に薄くなったり、消えたりするケースも多いです。
閉経まじかであれば、様子をみてもいいかもしれません。

スキンケアメソッド

SKINCARE METHOD

こちらのアイテムで予防・改善をおすすめします。

篠原皮ふ科クリニックは子供から大人まで各世代のお肌の健康、美容のお手伝いを致します。
長崎県大村インターから車で約5分。お気軽にお越し下さい。
診察順番表示システムを導入しましたので、どこからでも待ち時間の目安がご確認いただけます。

篠原メデイカルスキンケアセンター