皮膚科、アレルギー科、美容、美容皮膚科、小児皮膚科、高齢者皮膚科

スキンケア・ウェブ診断

診断結果:アトピー性皮ふ炎

アトピー性皮ふ炎

アトピー性皮ふ炎とは、肌の状態が良くなったり
悪くなったりを繰り返します。皮ふのバリア機能の異常に
免疫異常を合併していると考えられています。

アトピー性皮ふ炎

もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮ふのバリア機能が弱い人(皮ふの角質層の中にある、細胞間脂質セラミドの量が健康な人の半分以下に減少すると)に多く見られる皮ふの炎症を伴う病気です。湿疹の特徴は赤みや痒み、じゅくじゅくしていたり、ささくれだって皮がむける、長引くとごわごわ硬くなってくるなどです。おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすく、乳児から大人まで、アトピー性皮ふ炎に悩んでる人も多いです。昔は、アトピーの原因は家族からの遺伝によるアレルギーによるものと考えられていました。しかし近年、食品添加物や環境ホルモンなどの化学物質の摂取、大気汚染や水質汚染、そしてストレスなどの悪化因子や、フィラグリン遺伝子の変異による皮ふのバリア機能異常にアレルギー合併しアトピーを発症(IgE抗体を産出しやすい素因)することがわかっています。

赤ちゃんのアトピーについて

赤ちゃんのアトピーについて

日本皮ふ科学会が全国の皮ふ科で行った調査によると、アトピー性皮ふ炎は2番目に多い病気です。中でも、0〜5歳の乳児が最も多い年代でした。赤ちゃんのアトピーは、かゆみがあって、頭や顔、首などに湿疹があり、良くなったり悪くなったりを繰り返します。年代で症状がうつりかわり、赤ちゃんでは、顔、首、乳児では、首、手、足などの摩擦部が赤くなり、小児では、ひじ、ひざがゴワゴワし黒くなってきます。乳児では、2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上でこの3つが当てはまれば、アトピー性皮ふ炎と考えられます。日本皮ふ科学会が全国の皮ふ科で行った調査によると、アトピー性皮ふ炎は2番目に多い病気です。中でも、0~5歳の乳児が最も多い年代でした。赤ちゃんのアトピーは、かゆみがあって、頭や顔、首などに湿疹があり、良くなったり悪くなったりを繰り返します

治療法

TREATMENT

アトピー性皮ふ炎の治療法には、外用薬(塗り薬)
内服薬(飲み薬)、スキンケアの3種類があります

  • ステロイド外用薬(塗り薬)
    ステロイド外用薬(塗り薬)

    ステロイド外用薬は、副腎皮質ステロイドホルモンの化学構造をもとに
    作られた薬で、炎症を強く抑える作用をもっています。
    「ステロイドは怖い」と思って、「なるべく少量を、短い間だけ使おう」
    と思い、自己判断で使用してしまうと、中途半端に使うことでかえって
    症状を悪化させたり、長引かせたりすることがあります。
    医師に処方されたステロイド外用薬は、指示通りに、必要な量を
    必要な期間、必要な部位に使い続けることが重要です。

  • ステロイド外用薬の使い方
    ステロイド外用薬(塗り薬)

    ステロイド外用薬について本当にしっていますか?

    アトピー性皮ふ炎の治療に使う、ステロイド外用薬について、正しい説明はいくつあるでしょう?

    • (1) 塗ると皮ふがぶ厚くなる。
    • (2) 強い薬なのでなるべく薄く塗る。
    • (3) 肌の色が黒くなっている。

    答えは全て正しくありません。
    いまだに誤解の多い薬ですが、ステロイド外用薬はちゃんと使えば、とても良いお薬です。
    正しいお薬の使い方を学び、しっかりとアトピー性皮ふ炎の治療をしましょう。

    ステロイド外用薬について本当にしっていますか?

    ①ゴシゴシすり込むのはダメ。すり込まないといけないと思って
    ゴシゴシ塗ったり、薄くのばしたりするのは禁物。薬が薄いと、
    炎症を起こして盛り上がっている部分がカバーできません。

    ②1FTU=手のひら2枚分(FTU=フィンガー・ティップ・ユニット)
    適切な使用量の目安は、「ワン・フィンガー・ティップ・ユニット」です。
    軟膏、クリームは人差し指の先から第一関節まで、ローションなら1円玉
    大が、大人の手のひら2枚分に塗れる範囲です。外用してみると意外に
    たっぷりなことに気付くはずです。

    指示された期間は続けましょう

    症状がおさまったからといって、勝手に塗るのをやめないようにしましょう。
    長期間使い続けると皮ふが薄くなったり、毛が多くなったりすることがある。
    ただ赤ちゃんに使うものは大人用と比べると弱めで、適切に使えば副作用の心配はほとんどありません。
    万一副作用がでても、薬をやめれば元に戻ります。むしろ、副作用を出さないためにも、しっかり塗りお薬を使う総量をへらすことが大切です。

    ※塗り薬は患部にだけ働くので、飲み薬よりも副作用がはるかに少ないという利点があります。
    ただし、長期使用により皮ふが薄く弱くなることや、血管が網の目状に見えることなどが現れる可能性がありますので、必ず医師の指示通りに使用し、皮ふに何か気になる症状が現れたら早めに医師に相談してください。

  • 免疫調節外用薬
    免疫抑制外用薬

    免疫調節外用薬は、過剰な免疫反応を特異的に抑えるため、アトピーや
    アレルギーの炎症を抑え、長期間外用しても皮ふが薄くなるといった
    副作用が見られないことが特徴です。
    ステロイド外用薬を長期間使い続けることによる副作用が考えられる場合や、
    ステロイド外用薬が長く使えないような、皮ふの薄い顔面などの部位や、
    またステロイド外用薬である程度、炎症が落ち着いた場合などに使われます。
    ※最初の二週間は使用した部位のヒリヒリ感が続きますが、少しずつ落ち着いて
    きます。
    ステロイドの副作用が出やすい部位
    (例えば、皮ふの薄い顔、首、肘の内側など)によく使われます。
    有効成分の粒が大きいため、アトピー性皮ふ炎の炎症部位にはよく吸収されますが、
    健康な皮ふでは吸収されにくい特徴がありますので広めに外用してもかまいません。
    手のひらや足の裏など、皮ふが厚い部分には吸収されにくい為、効果が出にくいです。

  • 抗ヒスタミン薬
    抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬

    皮ふをかくと皮ふが傷つき症状が悪化します。かゆみや炎症を引き起こす
    ヒスタミンという物質に働きかけることによってかゆみを抑える飲み薬です。
    ※副作用として、眠くなることがあるので、飲んだ後に車の運転や勉強・
    仕事をしなくてはならない場合は注意が必要です。
    新しい世代の、抗ヒスタミン薬は眠気のないものもありますので、
    医師にご相談ください。

  • ステロイド飲み薬
    ステロイド飲み薬

    塗り薬で抑えられないほど重症化した場合は、免疫反応をしっかり
    抑えるためにステロイドの飲み薬を一定期間、使うことがあります。
    この薬剤は、医師に指示された飲み方や量、期間を必ず守る必要があり、
    自己判断で服用を途中でやめたり、量を減らしたりすると、症状の悪化や
    思わぬ副作用をまねくことがあるので要注意です。

    ただし、長期間漫然と飲み続けることは好ましくありません。
    しっかり医師と相談してください。

  • 免疫抑制薬(シクロスポリン)の飲み薬
    免疫抑制薬(シクロスポリン)の飲み

    この飲み薬を使えるのは、これまでの治療で十分な効果が得られず、
    強い炎症をともなう湿疹が広範囲に生じている16歳以上の患者さんが
    対象です。最大3カ月まで続けることができますが、そこでいったん
    休薬する必要があり、また服用中は、血圧が上昇したり腎臓の機能が
    低下することがあるので注意が必要です。医師とよく相談して、
    使用してください。

  • スキンケア
    保湿剤

    アトピー性皮ふ炎の人は保湿剤でうるおいを保つことがとても大事なこと
    です。皮ふの乾燥は、症状を悪化させたり治りにくくさせたりします。
    水分やセラミドを補うもの、油分で皮ふを覆って水分の蒸発を防ぐもの
    など、保湿剤にもいろいろな種類があります。
    剤形にも軟膏、クリーム、ローションなどがあり、保湿効果や使用感が
    異なります。医師と相談して、あなたの皮ふにあったもの、症状や好み
    などに合わせて選ぶようにしてください。

  • スキンケアとアトピー性皮ふ炎の予防について
    アトピーを発症させる可能性がある原因

    アトピー性皮ふ炎は、皮ふのバリア機能の低下が原因で起こります。
    ですから正しいスキンケアで発症を防ぐことができます。皮ふのバリア機能
    がかたち作られる3歳、ホルモンが分泌され、皮脂膜が強くなる10歳までは、
    スキンケアを続けましょう。

  • スキンケアのポイント
    保湿剤

    ①保湿剤は、からだが潤っているときに塗りましょう
    乾燥した皮ふに塗っても「保湿」にはなりません。清潔でしっとりした
    お風呂上りやシャワーを浴びせた後15分以内にお薬を塗りましょう。
    朝は、ホットタオルで拭いた後に塗りましょう。

    ②保湿剤は、シワができる方向に塗りましょう
    手のひらを使って、しわの方向に沿って手早く塗りましょう。人の体は、
    横方向にシワができるので、横に伸ばしていきましょう。保湿剤を縦にのばすと、
    シワの部分に塗りむらができるからです。手と足も、手のひらで包むように
    横方向にのばして塗りましょう。

    ③手のひらを使って塗りましょう
    両手のひらを使って塗りましょう。体全体に塗る時間の目安は「三分以内」に
    しましょう。できるだけお母さんの負担を減らして下さいね。

    保湿剤以外の一工夫
    ●掃除などで室内を清潔に保つ
    ●爪は短く切っておく
    ●肌を刺激する服は避け、柔らかい服を着る

  • 心がけること
    心がけること

    ・室内を清潔に保ち、適温・適湿の環境作り
    ・規則正しい生活を送り、暴飲・暴食をさける
    ・刺激の少ない衣服を着用
    ・爪は短く切り、掻きこわしで皮ふを傷つけないように
    ・ストレス解消など

よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTION

ステロイド外用薬は副作用はないの?
塗り薬は患部にだけ働くので、飲み薬よりも副作用がはるかに少ないという利点があります。ただし、長期使用により皮ふが薄く弱くなることや、血管が網の目状に見えることなどが現れる可能性がありますので、必ず医師の指示通りに使用し、皮ふに何か気になる症状が現れたら早めに医師に相談してください。詳しくは、『ステロイド外用薬の使い方』を参照してください。
どうしてアトピー性皮ふ炎になるの?
アトピー性皮ふ炎の患者さんは、30%にフィラグリン遺伝子の変異があり、生まれつき皮ふが弱いといわれています。そのため、健康な皮ふに比べて体の中から水分が蒸発しやすく、外からは、汗やダニ、ゴミ、化学物質などが侵入することで、発症のきっかけとなるのです。
アトピー性皮ふ炎って治るの?
正しいお風呂、スキンケア、薬の使い方で、アトピー性皮ふ炎の80%は、軽快するといわれています。もともと繰り返す病気なので長くかかりますが、まずは皮ふのバリア機能がかたち作られる3歳、ホルモンが分泌される皮脂膜が強くなる10歳までは、スキンケアを続けましょう。

スキンケアメソッド

SKINCARE METHOD

こちらのアイテムで予防・改善をおすすめします。

篠原皮ふ科クリニックは子供から大人まで各世代のお肌の健康、美容のお手伝いを致します。
長崎県大村インターから車で約5分。お気軽にお越し下さい。
診察順番表示システムを導入しましたので、どこからでも待ち時間の目安がご確認いただけます。

篠原メデイカルスキンケアセンター